スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産の記録★入院生活~退院

6月15日(土)産後1日目 お産の次の日から母子同室が始まる。
しかし、キリンの子宮の収縮とオマタの縫ったところが激 痛で歩きかたが変。
傷口の確認や消毒をして、子宮の収縮が順調かを定期 的にチェックされる。
赤ちゃんはとっても元気で授乳指導を行い授乳開始し て、毎回よく吸っている。久々の授乳で、きりんさんの方が乳 首がいたくてヒリヒリしてて、子宮も吸われるたびに 収縮されるから痛くて、授乳に対して恐怖心がつく。
まだそんなに母乳が出ない。 全体的に痛いので、痛み止の薬を貰って飲んだら腰の 痛みが減って、だいぶ楽になったけど、痛くなってま た欲しいっていったら6時間はあけなくちゃだめらし く、もらえなかったりしたけど、6時間のペースでし っかり飲んでる。
シャワーの許可がおりる。


6月16日(日)産後2日目 毎日午前午後1時4時7時10時、1日8回の授乳がある 。
授乳室で母乳ので具合を見てくれながらやる。 子宮がいたい。 縫ったところがいたい。 その為、うんちがでなくて、相当病む。痛すぎてした くない。 乳首が痛い。 久々の授乳が続いて衣類にさわるだけでヒリヒリする 。 まだ乳腺が全部開通していなくて、おっぱいも固くな る。痛い。 授乳時、フットボール抱きに挑戦。 やりづらかった。
サトちゃんとご両親がくる。 ハンチャンマンにも会わせてあげたくて、きりんさんの両親とハンチャンマンがくる。 サトちゃんと名前でもめる。 決まらない。
母子同室ということだけど、大体経産婦だから預かっ てくれて、三時間おきにナースコールがはいって、夜 中授乳しつに出向いて授乳をして、それ以外は寝れた 。


6月17日(月) 深夜うんちがでた。トイレで痛すぎて涙がでた。
急におっぱいがはりはじめて、乳首がヒリヒリするよ りも、はりのほうがいたくなってきて困る。 冷やすおっぱい用のアイスノンが手放せなくなる。 夜になると、横向きに寝るとポタポタ母乳が垂れるよ うになる。 でもとっても痛い。
退院指導や調乳指導を受ける。
出生届もらう。
お友だちのゆかりさんと並木さんが来てくれてとても 楽しかった★
サトちゃんから電話があって絢愛に名前が決まりそう。
1日よく考えることになる。


6月18日(火) 退院の日。 朝から検診で内診と傷の消毒と抜糸。
ハンチャンマンのときには縫った箇所が多かったのか、今 回は凄くあっという間に抜糸が終わって、全然いたく なかった。
お会計が高かった(笑)
深夜に入ったのと、緊急での処 置があったのと、破水からだったから自腹の抗生物質 投与の回数が何回かあったので、予定よりも 8万くらい高かったという…

ハンチャンマンとばぁばが迎えに来てくれて、退院しまし た★

ハンチャンマンは初めて赤ちゃんに触れて、ドキドキして いました★とてもそっくりな姉妹です★

絢愛【あやな】ちゃん。絆愛【はんな】ちゃんもよろしくね★

出産の記録おしまい★

出産の記録★麻酔~お産

6月14日(金)

10:30 モニターはつけているけど、破水していても全くお腹 は張ってこない。 うとうとしながら寝ちゃうくらい。

11:00 全然張らないと麻酔の管を通せないらしく、先に点滴 から促進剤を入れ始められる。

少し痛みが出てきたら、背中にチューブをいれますと 言われる。

11:30 促進剤の効果もむなしく、全然痛みも来なくて、寝れ ちゃう。

12:00 サトちゃんがきりんさんのぶんの病院食を食べに陣痛室から出て いき、 助産師さんによる内診をされて、またオマタをグリン グリンされて、意識喪失しそうになる。

まだ背中にチューブ通して麻酔してないから、本当に 激痛で大泣きしてたら、 部屋の外にいた付き添いかなんかの人たちが、「今陣 痛来てるんだよ…いたそうだね…」とはなしていたと 後からサトちゃんに聞かされる。

まだ陣痛もきてない…ただのヘタレの鳴き声でした。

12:30 オマタグリグリと促進剤のお陰でお腹の張りに動きも あって、背中にチューブはいりまーす。

チューブはストローみたいな柔らかいチューブで、 赤ちゃんの鼻水を吸い取ってあげる時に使うやつみた いなのを入れる★

まずそれを入れる為の局所麻酔を注射で背中にするん だけど、
背中に注射初体験のきりんさんはただでさえビビりなのにもう おかしくなりそうなくらいだったけど、
これで無痛になるんだから!!!と助産師さんにしがみつ きながら耐える。

その後チューブを針でさして入れて、針だけ引っこ抜 いてチューブだけを挿入する処置をされる。 が、きりんさんの大幅な体重増加により、ここでもチューブが 無痛にするためのところまで届いているのか、きりんさんの背 中の肉の厚みとチューブの長さがギリギリで先生苦戦 。

↑そんなこときりんさんに今さらどうしようもないので、かな り不安になる。

13:30 隣のベッドが騒がしくなる。 イキが荒くなっているのがカーテン越しに伝わる。 運ばれていく。

きりんさんは全然変化がみられず、張っても来なくて、
破水しているのが膜の上の方だからチョロチョロしか 出てこなくて、
中々陣痛が安定してこないから、下か ら破水させましょうと言われて、かなり動揺。

さっきのチューブから麻酔を注入される。

14:00少し前くらい 一回の麻酔じゃ特に効果も感じられず、
破水させられ るための、下からの内診で、また激痛。やられた。
子宮口も開くようにマッサージさられ。現在4センチ 。膜破かれる。

隣のベッドの方が無事産まれたことを聞く。

無痛2回目の経産婦さんらしく、二回もやるほどよか ったのかと、勇気がわいてくる。

しかも運ばれてから産まれるまでの速さに感動。

14:30 一時間に一回のペースで麻酔液を背中の管から入れら れて陣痛をみていきます。
促進剤と内診の効果があって、お腹が張ってて、陣痛 がどんどん起きているみたいだけど、 麻酔が、きいてきたらしく、全くわからず、ケータイ いじりながらサトちゃんと名前について冷静に相談。

一時間たつまえに、促進剤効果のが強まって、陣痛の 激痛走る。 フーフーーフーーーとか言いながら、空気を逃がして たえて、

15:30 次の麻酔を入れる。

この頃には足がしびれて、太ももの感覚がなくなって る。

内診されても、なんかされてるなって感じはあるけど 、痛くはない。
でも圧迫感があるから、全然いいもの じゃない。

16:00 促進剤を点滴からまた入れると、次の麻酔まで30分も あるのに痛みが爆発。
無痛なのに~・゚゚・(×_×)・゚゚・。と思いながら、空気を 逃しつつ、麻酔の時間まで耐える。
その間隔が急に短 くなってくる。
しかも麻酔してあるのに激痛で汗だくになりながら、 フーフーーフーーー言って耐える。

16:30 麻酔を入れる。
痛みが始まるのもはやくて、次の麻酔 まで待つどころじゃない。

無痛じゃないぢゃーんーーーっ(ToT)

痛みは人によるって言うけど、こんなに無痛選択しと いて痛くなるの?!というくらいの痛み。
自分の腕を噛み、サトちゃんの親指をちぎれるほど握り、痛 みと戦う。

助産師に心配され、先生が来て、背中のチューブの位 置を調節。

何か変わるのかと期待。

若干麻酔の入るところが変わったことで、多少痛みが 押さえられてきたけど、やっぱり痛い。

17:15 麻酔がきいてて、下半身の感覚がないので、タンカに 乗せられて分娩室に向かう。
この頃にはもう陣痛の間隔が早すぎておさまったとき にタンカに乗り移るにもすぐに痛みが襲ってきてキツ イキツイ。
子宮口8センチ。

17:30~ 時計をみて、もうこんな時間なんだ…と思いながら、
痛いけどイキんで、お腹が空いたと叫んで、お母さん に会いたいーーーと泣いてた。

サトちゃん入室。

サトちゃんはキリンの頭の上から団扇でキリンをあおぎ、イキむとき にキリンの頭をグイッと持ち上げてくれてた。

やっぱり、陣痛は痛かったけど、産むときのメキメキ ってなる感じはほとんどなかったから、
これが無痛な んだと思うことで納得。

陣痛が痛かったのはきりんさんが太って背中が肉厚だったんだ からしょうがない。
無痛に出来ただけでもよかったと思うことにした~

17:49 3250グラム。元気な女の子が産まれました。
出てきてくれて、涙が溢れてきて、感動的でした。
助産師さんがうけとって、すぐにタオルで巻いてきりんさんの お腹の上に。
もう涙が止まらず、小さくて弱々しい腕もまだ血まみ れな頭も、青っぽい小さな顔もしっかり握っている白 い手もすべてが可愛くて愛おしくて、ドキドキが止ま らなかった。
すぐにパパとの3人で写真を撮ってくれ た★
汗だくで真ん丸で涙まみれなきりんさんが写った……

18:00 キリンの後処理や赤ちゃんをキレイにしたり、体重や身長 をはかったり(о´∀`о)

無痛で一番期待していた後処理の痛み。全然気になら ず、こればかりは本当に無痛でよかったと実感。

胎盤や羊水、血液などを出して清掃したり、切れた部 分を縫ったり、全然痛くなくて、本当によかった… ハンチャンマンの時は、出産しきってやりきった気持ちで 一杯の中の後処理の激痛だったから、それはもう記憶 には残るしまだやるの?!っていう焦りとで大変だっ たから、無痛はそこも無痛ですって説明を受けたとき に、これはやりたいって凄く思ったの。

18:20 胎盤をみせてもらう。 初めて。

ハンチャンマンのときはそんなこと提案もなかったし、考 えもしなかったけど、そうそう出来ないし、みておい た★

サトちゃんも強制。

胎盤って結構大きくてグロかったし、こんなに大きな ものがいつ出てきたんだろうか…って思った(ノ_<。)

へその緒もあったし、赤ちゃんの入っていた袋部分も 見せてもらえて、出産を楽しめた感じ★

やっぱり二人目って余裕があるもんだね(///ω///)

18:30 待ちに待った夕食。出産したばかりで麻酔の残る状態 だから、し

なんだかんだ約24時間食べてないのよ… もう腹ペコよ。

どんなに陣痛が来ても 空腹は忘れられなかったわ…

あまりの空き腹具合により、大嫌いな豆腐。野菜の豆 腐あえまで、キレイに食べたよ… 味とかじゃないのよ…もうね。

19:00 血圧をはかったり、いろんな人に連絡したり。 きりんさんは分娩台の上でまだ安静にしていなくてはならなか ったから、赤ちゃんにおっぱいをくわえさせたりして いた。 よく吸っていて、痛いくらいだった。 よく吸うんだけど、全然母乳が出ない。心配。

出産から2時間後に背中のチューブをはずしたり、点 滴を抜いたり、オマタの消毒をしたりしてから部屋に 戻るらしく、ひたすら分娩だいからおりれない。

19:30 爆睡していたハンチャンマンが起きたらしく、ばぁばと共 に現れる。

が、分娩室には一人ずつしか入室できないから、ばぁ ばだけとりあえず入ってあかちゃんダッコした★

ハンチャンマンも入りたがったし赤ちゃんの顔が見たいっ ていってたし、ママ~ママ~って言ってるから心苦し かったけど、生まれたばかりの赤ちゃんとはふれあえ ないってルールだからハンチャンマンは我慢なんだけど、 コッソリみせてあげる。

20:15 体温と血圧を計り、背中のチューブと点滴を抜いて、 子宮の収縮と傷口の確認が終わって、やっと分娩室か ら出られる。

まだ麻酔がきいているので車椅子に移動。

やっと ハンチャンマンに会えた♪

そんなこんなの結局一日がかりになったきりんさんのお産でし た。

お産自体は助産師さんの陣痛からの計算で3時間半の お産でした。

はやい…

出産の記録★破水~麻酔

6月13日(木)

一日雨で久々に児童館にもいかずにグウタラ実家で過 ごす。
前日にまだ赤ちゃんが上の方にいて出産にはならない と言われてたから どんどん動かなくちゃだったけど、 明日からスクワットしよ~とか考えてた★


23:00 ラストシンデレラ見終わって、 すでに寝ているハンチャンマンの横でゴロゴロしながら、 ケータイでゲームしたりネットサーフィンしたり。

なんか急に少しお漏らししたみたいで急遽トイレに。

オリモノが大量。どうしたものか。拭いてハンチャンマン の隣に戻るけど、横になったらまた少し漏れた感じ。 すぐにまたトイレに戻る。 またオリモノ大量。拭き取ってパンツ変える。

6月14日(金)24:00 横になるけど、どこにも力を入れてないのに、漏らす 。トイレで、ナプキンつけるけど、色を見てもオシル シとかではなさそう。

段々不安になって、 暗闇のなかネット検索しまくって、 破水かもしれないけど、 違うかもしれないと思い始める。 思い始めたら不安がおさまらなくて、調べまくって、 臭いも確認したりして、書いてあることを自分に当て はめてみたけど、やっぱり、確信もてず。不安。

25:30 実家でみんなが寝静まったまっ暗闇の中、こそこそと 産院に電話。

経緯を説明したところ、臭いは?や量は?や時間は? などネットで書いてあったことをわりと聞かれて、ス ムーズに答える。

すると念のため破水の可能性があるので入院の準備を して来てください。と言われたので、母起こす。

「ねぇねぇ…ねぇねぇ…破水かもしれないからさぁ~ ……」 とズダグダ爆睡の母を起こしていたら母ビックリしす ぎて深夜なのにドタバタ飛び起きる。

そのとなりで寝ていた父も母がたたき起こし、念のた めハンチャンマンがおきるかもしれないからって、父には んちゃんの隣に移動命令。

爆睡のハンチャンマンが急に目覚めて、 隣に寝ているのが、ママでもばぁばでもなく、“じぃ じ”ってことのが恐怖だけど(笑) 大泣きにならないか?と内心思いつつ、それどころで はない。

とっとと着替えて車で産院へ。

深夜だし、はっきりと破水したよってわからない状態 での検査にいく為、起こしておいて違ったら何か申し 訳なくて(前日ハンチャンマンと一日家で遊んでくれてク タクタだったはずだから)、違うかもしれないけどご めんねって言ったら、いいよぉーと言われて何か安心 する。

26:00産院到着。 リトマス検査に反応あり。 破水だと確定。入院決定。 しっかり、ちゃっかり、ケータイの充電機持参済。

下からの内診は何回やっても好きになれず、しかも今 回は痛すぎるくらい痛くて、グリグリグリグリ頭の位 置を確認したりして、それでオマタ痛くて、涙がポロ リ。

夜が明けてからの先生の内診にて、無痛分娩の御産が 可能かどうかの確定がされるので、大きめパンツとナ プキンでそのままベッドで入院。 破水しているので夜が明けてから、促進剤を使っての 無痛なり普通なりで出産は確定。

これ以降、物を口にできないため、栄養と水分を補強 する点滴をつけられる。

ガッツリ太った私の腕から血管が見つからず、夜勤の 助産師さん苦戦。

26:30~ 無痛が80%出来そうって言われた為、ワクワクして眠 れない。

一応旦那にも連絡。 やっぱり爆睡中。

しつこくかけてみるも やっぱり起きることはないので、メールとかはせず、 着信だけ残してやめる。

一息ついてベッドにいると、お腹が急激に空いてくる 。

無痛は前日の夜ご飯と水分を最後に絶食。断食が条件 。

こんなことになるなんて思ってもなかったから19時く らいにはんちゃんと夜ご飯して、23時くらいの寝る前 に麦茶飲んでるくらいだったから…空腹もいいところ 。 なんか食べときゃぁよかったと後悔。

でも念願の無痛分娩が出来そうって聞いてみて、ウキ ウキWAKWAKがおさまらなくて、やっぱり眠れず。

かといってSNSはみんな寝てて反応なし。

つまらん。

でも眠れず、朝になったら御産になるのに全然眠れず 。

6月14日(金)朝方4:30 友達ポロポロおきはじめる。 連絡きたりで、全然眠れず。

6:20 15分くらいの時計をみてから、やっと眠りにつく。

6:30 体温と血圧はかりにきた助産師さんに起こされて、10 分間だけ爆睡していたことにガッカリする(笑)

寝てていいよ~と言われて、しっかり眠りに入ったん だけど…

7:00 再び点滴の栄養とかを変えられる作業で起こされる。

30分間とかだけど、しっかり寝ていた私。きっとお産 なんだからちゃんと寝ておかなくちゃ!!!と真剣に悩ん でいたのだと思う。

また寝てていいよ~と言われたので寝る。

7:30 また血圧と体温を測るのに起こされて、薄々もう寝れ ないんだなと気づく。

でもうとうとしつつ

8:00 朝ごはんです~♪の放送で目覚める。 空腹でガックリする。

8:30 無痛に出来るかがかかる院長内診に呼ばれる。

また下からの内診に歯を食いしばって挑む。

無痛確定~(о´∀`о)

ヤッタ━ヽ(*´Д`*)ノ━ァ!!

しかし、まだ赤ちゃんの頭は上の方にあるため、ある 程度下げてからでないとお産まで時間がかかるとのこ と。 破水しているので、早ければお昼頃にお産になりそう と聞き、ワクワクがとまらなくなる。

無痛に頼りすぎな自分にもビックリ(笑) 不安とかよりワクワクする余裕があるのは、やはり無 痛に出来たことからの余裕だと思う。

9:30 旦那到着。 促進剤と無痛の同意書にサイン。 ここにきて、グズグズと無痛の意味があるのか、リス クはどうなのか、促進剤は無痛にしなければいらない のかなどいい始める旦那はイラッとする。

寝ていた部屋から、陣痛室に移動して、モニターをつ けられる。

陣痛室にはベッドが2つあって、片方には私と同じよ うに前日から入院して、今日無痛予定の方がわたしの 前に入ってた。 無痛にするための管を背中から挿入する処置をカーテ ン越しにしているのを感じて、初めて私にも恐怖感が 襲う。

隣が終わったら私に来るらしい。

お宮参り★姉妹

手の位置など、言われた通りにポーズをとるハンチャンマン。さっすがお姉さん。
しかし、緊張がほぐれない…からカチンコチン。


笑ってって言われた(笑)


ハンチャンマンがあややと一緒のドレスがいいって言うから、衣裳チェンジ!
赤ちゃんの色と反対色をいれるとお互いに映えるってアドバイスうけつつも、ハンチャンマンが一緒がいいっていうんだからって同じ水色になりました★


シンデレラみたいで、二人ともステキっ(о´∀`о)



ハンチャンマンは常に楽しそうでノリノリでしたし、あややは常に静かでいいこでした♪

お宮参り★あやや

本日主役のあややでーす!


ハンチャンマンのときは寝てて起きなくて大変だったから、今回はほどよくおっぱいを飲ませてて、満腹にならないように、寝ない程度に調節したかいあって、しっかり起きて、表情がでています★


やられ放題です。



ハンチャンマンのときよりも髪の毛が多いです♪


私だって疲れるんですよって顔?
最新記事
プロフィール

キリン野郎

Author:キリン野郎
名前→キリンちゃん

主婦って暇かと思ったら
全然そんなことなかった。
でも愛娘のはんちゃんは
幼稚園生になって
少し手が離れたところ★

楽しみっていったら料理とか。
愛犬エルモとイチャイチャすること?

自分の時間もできたし、趣味に没頭しそう♪

でも育児の合間に
洗濯や家事をこなすのって
時間が決められなくて結構大変。

毎日を楽しく過ごすために
日々奮闘中。

2009/7/28に
はんちゃん誕生して
笑顔の絶えない毎日を過ごしています☆

家事に料理に節約に・・・
でも女性であることを忘れずに
頑張らないと!!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
9612位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ネイルアート
530位
アクセスランキングを見る>>
ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。